和興フィルタテクノロジー株式会社


ホーム新着情報一覧会社情報事業所の紹介製品の紹介採用情報地図
HOME > 製品紹介 > バイオ&ヘルスケア

バイオ&ヘルスケア


オープンイノベーションにより快適環境を造り出す

バイオ&ヘルスケア事業推進本部 ラインナップ

バイオ&ヘルスケア事業推進本部
  LYZOX(リゾックス)
  光触媒
  ノロフリー
 

事業部の沿革

 



バイオ&ヘルスケア事業推進本部は、山口大学農学部とのスギ花粉症に関する共同プロジェクトから端を発し、 人々の健康をテーマとして、2008年に和興フィルタテクノロジー株式会社で立ち上げられたバイオテクノロジーを 専門とする事業部です。
フィルトレーションとバイオの融合を切り口として、医学系大学機関や公的研究機関とのオープンイノベーションを通して、ヒトや動物の健康に寄与する新規な素材の製品化に向け英知を集結し、様々な開発を推進して参りました。

バイオ&ヘルスケア

「Total Contamination Control(TCC)」による感染リスクの低減
TCC

 

医療技術・科学技術の発達により、私たちはワクチンや抗菌薬といった感染症と戦う武器を手に入れてきました。しかし多くの国で抗菌薬の効かない薬剤耐性菌の増加が問題となっています。日本においても、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)やペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)、多剤耐性緑膿菌(MDRP)といった薬剤耐性菌による感染症が広がり、大きな問題となっています。医療機関での院内感染だけでなく、私たちの身近な生活環境でも 薬剤耐性菌による感染症が増加しています。 またインフルエンザウイルスをはじめとするウイルス感染症との闘いは、人類の長きにわたるテーマの1つでもあります。

そこで、私達はこうした細菌やウィルス感染にさらされるリスクを低減化させるべく「Total Contamination Control(TCC)」をスローガンに掲げ、バイオテクノロジーを用い、菌やウイルスのコントロールに取り組んでいます。

Total Contamination Control(TCC)という感染予防対策は、従来のような スポット単位ではなく、トータル的に感染原因を捉え、管理するという考え方です。それでは、TCCを実現する為の3つの技術についてご紹介致します。